小径を辿る

yaoblog1.exblog.jp

おどりなどその他いろいろ、ゆきつもどりつ・・・ O’

秋の花

私の好きな道。

彼岸花の色がが眩しい。

c0296894_22592969.jpg


前後に車なし!チャ~ンス!!車窓から。






O'

[PR]
# by yao-blog1 | 2017-09-20 00:00 | ちょいと一息 | Trackback | Comments(0)

ありがとう

私の誕生日に娘がつくってくれたケーキ。

グルテンフリー、卵、バター、牛乳、白砂糖なし。本を見ながらチャレンジしてくれた。

最初は焦げ焦げ、膨らまぬ…凹む彼女。
しかし果敢に二度目に挑む。

成功!!ふんわり出来た。
そして豆腐のココアクリームをのせる。

美味しかった。そりゃーそりゃー美味しかった。
ありがとう。もう誕生日で喜ぶ歳ではないけれど、本当に嬉しかったよ。

c0296894_23140131.jpg







O'


[PR]
# by yao-blog1 | 2017-09-16 00:00 | 日々 | Trackback | Comments(0)

買い物を済ませ、駐車場に戻ってふと振り返ると、虹!
それも二重‼

c0296894_21142094.jpg

c0296894_21144338.jpg

写真を撮ってからしばらく見上げ続ける。
それから反対の空を見ると、雲が美しい。

c0296894_21183128.jpg

その後、すごい夕焼け。

c0296894_21194471.jpg

川面に映る色。

c0296894_21201668.jpg

c0296894_21210622.jpg

c0296894_21212937.jpg

またもやしばらく見入る。
周りの景色も夕焼け色。

帰宅の車窓にはもう薄闇。

非日常にはまりこんだ黄昏時でした。美しい。




O'




[PR]
# by yao-blog1 | 2017-09-13 00:00 | ちょいと一息 | Trackback | Comments(0)

修学旅行

毎日学校や塾の課題に追われる娘。
忙しい中、学校行事も盛りだくさん。
そして今日から修学旅行に出掛けて行った。
お決まりの京都・奈良。あーー私も行きたい‼

娘が不在の部屋はさみしいが、じーじばーばのお世話があるおかげで旅行前に想像していたよりはマシな私。そんな自分にひと安心。子離れできない親にはならないぞ!とちょっと自信。

…でもやっぱり早く帰って来ないかなぁ~母は待っとります。

娘、画↓↓↓
c0296894_22140043.jpg




O'



[PR]
# by yao-blog1 | 2017-09-12 00:00 | おもうこと | Trackback | Comments(0)

秋のかおり

母が背骨の圧迫骨折をして、父の見守りと共に家事を一手に引き受けることになった8月。
日々ドタバタ。
仕事、休憩中に一時帰宅してまた仕事、娘の塾の送り迎え、もちろん炊事洗濯、休みの日は母の通院などなど…

時間は無いし体はシンドイが、今まで自由にさせてもらっていた分ちょっとだけ親孝行な気分を味わい、なんだか良い感じ。自己満足。

そんな日々のヒトコマ、洗濯物を取り込んでいる時、ふっと香る甘い香り。
「あれ?銀木犀咲いてる?」

c0296894_20360153.jpg

c0296894_20362625.jpg

可愛らしいほの白い小さな花々からゆたかな香りが漂う。もう秋だった。9月だもんね。


母が育てていた鉢の無花果は、母が動けなくなってからしばらく放置してしまい葉が全部落ちてしまった。慌てて水やりしたが、さすがにもう枯れちゃうのかなぁと思っていたら、枝の先から新葉が!
嬉しい。
そして枯れて落ちた葉は、なんだか良い香り。

c0296894_20370221.jpg


それからまだまだ頑張る朝顔。

c0296894_20372620.jpg

このニラ?の花も可愛らしい。

c0296894_20380336.jpg


秋の庭で心和む。

おかげ様で母の骨折の痛みはひいてきたようだ。これからは引き続き栄養面に気をつけて、お日さまにあたって、ゆっくりゆっくりお散歩程度から取り組んでもらおう。





O'

[PR]
# by yao-blog1 | 2017-09-11 00:00 | 日々 | Trackback | Comments(0)

娘のこと

受験生の娘。

友人から誘われ「無料入塾体験行ってもいい?」と。受験に向けてどう勉強させたら良いかと迷っていたところだったので、渡りに舟!とばかりに承知した。

そのまま、まんまと入塾させてみたら、まぁなんと宿題と課題の多いことか…そしてかなり講師が厳しいらしい。うーむ、娘はついていけるのか…失敗したか…

しかし意外にもなんとかかんとか頑張る娘。量をこなすことに慣れていないのもあり夜中までかかることもあるので、しんどくないかと訊くと「思ったより楽しい」そうだ。
そして「他の子も夜中までやってるんだって」というから驚き。私、そんなに受験勉強した記憶…無い。それほどまでに勉強しなきゃならないのか???と疑問もわいてしまうが、本人が辛くないなら見守るしかない。

そんな中で、ピアノの発表会があった。
仲良しの友達との連弾「スワニー」はそれはそれは楽しくリズミカルに。ソロの「アラベスク」は、睡眠不足がたたってかミスタッチが多いながらも、途切れずに自分なりにイメージを持って弾けていた。先生にも「ちゃんと歌わせられていましたよ」と言ってもらえた。

すごいなぁと感心。私だったらあんな風に勉強と両立させることは出来ていなかった、おどりのほうを頑張っちゃってたなぁと思う。

ピアノは、幼稚園の頃に自分からやりたい!と言い出したことなので続いているのだろうけれど、それにしても。
もちろんピアニストになろうというほどの気はまったくもってないけれども、気持ちを込めて弾くことができるまでになった姿を見ると、金銭的に厳しくても続けさせて良かったなと思う。

好きなことを続けられることのありがたさは私自身も身にしみている。だからこそ娘にもさせてあげたい。少々休んだりしながらでも続けられるように。なにより私が、娘のピアノを聴くのが好きだから。

さて、入試までまだまだある。息切れしないように?息切れしながらも?なんとか乗り越えていけるように母は応援致しますよ。
そして高校入学できたら、好きなことにもまた没頭してほしいなぁ、と思う。


友達と連弾の自主練中↓↓↓
c0296894_08283942.jpg





O'

[PR]
# by yao-blog1 | 2017-07-31 00:00 | 日々 | Trackback | Comments(0)

体育祭

良く晴れた、晴れすぎた暑さの中、娘の体育祭。

c0296894_11494084.jpg

山の緑と空の青、陽射しが強かったけれど、保護者もガッツで見学。

先週の小学校の運動会とはまた違った感動。
小学1年生の可愛らしさ、6年生の立派さ。
…とその6年生が中学1年生になるととても初々しくなり、対する3年生の貫禄。

青年になりつつある若者の力強い動きに釘付けになった。
リレーのバトンを握りしめ、周りの空気の塊をググーーッと押し出して、全速力で駆け抜ける姿。
美しいなぁ。単純に感動。
最終種目の大ムカデ競争では、全クラス一度も転ばず怒濤のゴール。

日焼けで真っ赤になった若者達の、集合写真の笑顔。お疲れ様でした。

暑くて参ったけど、いろんな母友と久々におしゃべりできたり、娘や小さい頃から知っている子たちの成長も頑張る姿も見られて良い一日だった~♪





O'







[PR]
# by yao-blog1 | 2017-06-04 00:00 | 日々 | Trackback | Comments(0)

HAPPY BIRTHDAY

娘よ お誕生日おめでとう!

月並みだけど、陳腐かもしれないけど、
本当に本当に、生まれてきてくれてありがとう。


思春期vs.更年期の組み合わせで時にはバチバチッとなることもあるけど、まぁ仲良くやろうや。

しかし世間の人は良く言ったもんで、生まれた時~幼い時の可愛らしさ、あの姿を思い出すとただもうそれだけでまさに「親孝行完了」してるんだぁ~とうなづける。しみじみ。
爪楊枝のような細い指先、豆粒の足の指、ピカピカのピンポン玉のかかと、空豆の耳、ぷくぷくマシュマロの頬…なにもかも透明でキレイだったなぁ。

今も相変わらず背丈も手足も小さめだけど、それに反して思春期のお尻などは私そっくり…ムチムチ…
今年の抱負は「やせる!」だって。最近は筋トレしてます。

体育祭やら、ピアノ発表会の練習やら、英検勉強やらと日々慌ただしそうだけど、そんな娘の姿に母は楽しませてもらってますよ。ご自身も充分に楽しんでね。

素晴らしい一年になりますように。

c0296894_10322103.jpg

c0296894_12023087.jpg
c0296894_12025209.jpg

娘のイラストやら思いつきあーと?こうゆうのを日々コチャコチャと。インドアな母娘。





O'






[PR]
# by yao-blog1 | 2017-05-31 00:00 | 日々 | Trackback | Comments(0)

曾祖父について

ふとみると、昔見たことのある写真が居間に飾ってあった。再プリントされ引き延ばして額に入れてある。どうやら近所の親戚が持ってきてくれたらしい。

c0296894_18454073.jpg

曾祖父の写真だ。三味線を弾いている。その横に
「高太夫」
と名前が見える。改めて母に訊いてみると「薩摩高太夫」という名をもらっていたらしい。

曾祖父を尊敬して止まない父から、三味線弾きだったとか、車人形と関わりがあった等というのはよく聞いており、それに伴い説経節やらのワードは気にかかってはいたが、それ以上知ろうとしていなかった。
それでも私も若い頃から漠然と”ひいじいさんのように三味線弾いてみたい”と思い続けてきたが、未だ三味線に触れることにすら至っていない…

文明の利器に頼りちょいと検索。
八王子に今も薩摩派の流れが存在する。いよいよ興味深い。

それにしても曾祖父は不思議な人だ。私が生まれる前に亡くなっているからもちろん父から(まだ記憶がはっきりしている時)聞いただけだが、商才もあり、三味線を弾き、さらにマジナイ的?なこともしていたらしい。
ケガや不調の人々がやって来ては、曾祖父がモジョモジョと呪文らしきものを唱え、灰?のようなものをフッと吹きかける、すると幾日かすると具合が良くなる、というのだ。
マユツバものだと軽く聞き流していたが、今となってはなんだかたのしい話だと、思い出してはニヤリとする。
今日も父に曾祖父のことを訊いてみたら「傷やなんかに灰をフッ!とすりゃあよぉ、皆調子よくなったんだわ」と嬉しそうに話をしていた。昔のことはまだまだよく覚えている。

三味線も、そんなマジナイも、誰も受け継いでいないのが残念で仕方ないけど、こんなふうに思い出せる逸話があるのは曾孫としておもしろい。父にももう少し曾祖父の話をふってみよう。






O'



[PR]
# by yao-blog1 | 2017-05-07 00:00 | 備忘録 | Trackback | Comments(0)

今年の牡丹は~

良いぼたん~~♪

c0296894_09455256.jpg


c0296894_09463468.jpg

私が生まれるよりずっと前から、毎年毎年ありがとう。





O'


[PR]
# by yao-blog1 | 2017-04-30 00:00 | 日々 | Trackback | Comments(0)