小径を辿る

yaoblog1.exblog.jp

おどりなどその他いろいろ、ゆきつもどりつ・・・ O’

日常の中で

ここ最近、日々を過ごしていると、おどりの事を忘れる時間が増えているように思う。
ちいさい人々との日々、家事や学校に関わる日々。それはザ・生活。

それでも急に降ってくる。
洗濯物を干している時、オムツを替えているとき、テレビをみている時、おにごっこをしてる時、寝転がってる時、絵本を読み聞かせしている時…
あれ?おどりだなこれ、って。動いていなくても、おどりとは違うような動きをしていても、あーおどってるなって瞬間がある。
また、ちいさい人々や家族の日常のヒトコマにおどりを感じることがある。

私が「これおどり!」って思う時をよくよく思い返してみると、自分でも人さまでもどうやら”夢中になっている時”にビビッとくるらしい。入り込む、没頭する、そんな瞬間には自分を忘れて解き放つ感じがするのかもしれない。

ちいさい人々との関わり、徐々に認知症の症状が進む父の姿、家族、取り巻く自然、そんなことが有り難い。おどりを感じられることが有り難い。

私が求めているおどりは、自己の表現とは違うものなのかもしれない。
舞台や野外でお客さまに観てもらうことはとても大切なのだけれども、それだけが私のおどりの目的ではないのだろう。

おどれる場から離れている今だからこそ、さまざまなことを感じられるのかもしれない。すべてが必要なことなのだなあ、と思う。
これからもずっとずっと、そんなことを感じ考えながら生きていくのだ、きっと。



またもや娘のテキトーあーと…
c0296894_19381361.jpg




O'


[PR]
# by yao-blog1 | 2017-11-05 00:00 | おもうこと | Trackback | Comments(0)

中学最後の合唱祭

中学校生活なんてあっという間。親がボヤボヤしてるともう最終学年。
そして行事のすべてが”最後”。それなのに初めての受験!受験生!!
テストの点数がどうの、内申がどうの、なんてプレッシャーの中、中学最後の合唱祭があった。

泣けた。どのクラスの歌も泣けた。

練習の段階ではどのクラス内にもありがちな温度差があり、金賞を取りたいとがんばる生徒、マジメに取り組めない生徒、それぞれいたようだ。
それでも、合唱祭本番では、ほぼ全員がそれぞれが出来る限りの一生懸命さで歌っていた。

皆で合わせようとする気持ちが伝わるような声の力ってすごい。
緊張感の中、上手いとか下手とかを超えて声を合わせる。そりゃあ泣けますよ。


c0296894_14281297.jpeg

一昨年は指揮、昨年は伴奏した娘。
今年は歌でがんばる!と家でも歌う、歌う。クラス合唱では大きな声を出していた。
3年生の有志合唱では指揮者となり、審査と関係なく楽しんで他の生徒たちと演奏。
娘のクラスは惜しくも金賞は逃したけれども、そんなの関係なく。

一時期友人関係で学校に行けなくなったこともあったり、先日はパニック発作っぽくなって私や先生たちを驚かせたり、今だって違う友人関係で悩み、学校では唯一の親友も親御さんも心配させたりといろいろある娘。
テンション上げたら上げただけ、後でドーンと落ちる彼女だけど、それも彼女と受け止めようと私もがんばりますわ。

大きな行事は残すは受験くらい。娘を含め3年生のどの子も無事に卒業を迎えられるよう、親は祈るのみです。





O'



[PR]
# by yao-blog1 | 2017-10-30 00:00 | 日々 | Trackback | Comments(0)

ウクレレ

いろんなことがドバッとあったこの夏。

母が圧迫骨折したことで、それまでなんとか回っていた暮らしが徐々にキツキツになってきて。
時間的にも体力的にも、まず私がいっぱいいっぱいに…しかし私自身は気持ち的に充足感があったのだけど。
すると勉強でギリギリがんばっていた娘、追い詰められてパニック発作気味になった。何となく予測はしていたものの、かなりのイエロー…いやレッドシグナルに驚いた。もともと、よく言えば繊細、はっきり言えば打たれ弱い彼女(そういうところも私に似ているが)、もうこれはまずい!と本人の同意のもと塾を辞めさせた。
塾の課題が日々夜中までかかり、塾の授業のため好きなピアノのレッスンも休まなければならないこともあったりしつつ、学校の活動もこなしていた彼女。私や両親のこともいつも気にかけてくれていて、それも大変だったかも。ここまでがんばったのだから、もういい。

ちょうど母も骨折の痛みが引き、少しずつ家事や庭仕事や父の介護に手を付けだして(これがまたやり過ぎるから目が離せないのだが…せっかちな人なので)、私もやや気がゆるみ体調イマイチになりかけていた。

気が抜けて満身創痍の娘と私。この連休は心身ともにゆっくり。

春頃に娘に買った激安ウクレレ、勉強!と封印していたが久々に引っ張り出して爪弾く彼女。
家計が厳しくてもピアノを続けてきたおかげで、楽譜もコードもわかるのか何となく弾けている。
ウクレレの音っていいなぁ~まったり。

そうだ、もう開き直ってゆっくりまったり行こう。世の中の流れに二人して無理に乗ろうとしたけど、すぐに挫折した~~やっぱりだ!上等だ!この流れに乗れない感じがTHE私達なのだ。生まれつきこういう風に出来ている。

両親、私、娘、焦らずのんびりいこう。


娘のお土産のお返しに、同僚からいただいたお菓子。もうハロウィンかぁ。
c0296894_11580723.jpeg




O'

[PR]
# by yao-blog1 | 2017-10-09 00:00 | ちょいと一息 | Trackback | Comments(0)
仲間たちのスタジオ公演があるそうです。
毎回ドーンと悩む創作の修行、今回も私はお休みですが、他の人々はがんばっているようです、いろんな意味で…


「創作の芽を探す習作展Ⅵ」

c0296894_21270716.jpeg


c0296894_21272341.jpeg

10月7日(土) 14時 前田ゆきの・斉藤成美 /角隆 /

響子/ 川原田瑞子

18時 大塚麻紀 /川原田瑞子 /西巻直人  


8日(日)14時 大塚麻紀 /響子 /西巻直人/
Akira Dance Community
Studio Emi’s(岡島エミ舞踊研究所)

18時 石田知生 /福島哲彌

9日(月・祝) 14時 石田知生 /角隆/ 福島哲彌

会場:スタジオ・ムービングアース
小田急線豪徳寺駅、東急世田谷線山下駅より  
徒歩8分
渋谷駅西口バス乗り場より小田急バス渋54系統
梅ヶ丘経由経堂行き 約35分 「松原」下車2分

料金:カンパ制

お問い合わせ・要予約:マルメロ
電話 03-5627-7583
Fax  05-5627-7584
E-mail movingearth1969@gmail.com

http://movingearth1969.tumblr.com/



娘たちのワークショップリーダーである仲間のソロ公演もあります。


c0296894_21124456.jpeg

青柳ひづるソロ公演  万象連歌vol.3

「To the Sea」~すべての小さきものと、ただ一つのものに捧ぐ~

 

 2017年10月9日(月・祝) 18:00開演(開場は30分前)

 会場:スタジオムービングアース

 前売り2,000円  当日2,300円  高校生以下500円

 

 舞台監督:河内連太 照明:清水義幸 衣装:田村香織 制作協力:斉藤朋  

 協力:ケイタケイ'sムービングアース・オリエントスフィア、アース友の会

 

 お問い合わせ・予約

 〈マルメロ〉
 電話 03-5627-7583  Fax 03-5627-7584
 movingearth1969☆gmail.com

 または

 tobuturu☆hotmail.co.jp

 (☆を@に変えてお送りください。)


http://hi-izuru.jugem.jp/?eid=503




O'


[PR]
# by yao-blog1 | 2017-10-03 00:00 | 公演 | Trackback | Comments(0)

秋の花

私の好きな道。

彼岸花の色が眩しい。

c0296894_22592969.jpg


前後に車なし!チャ~ンス!!車窓から。






O'

[PR]
# by yao-blog1 | 2017-09-20 00:00 | ちょいと一息 | Trackback | Comments(0)

ありがとう

私の誕生日に娘がつくってくれたケーキ。

グルテンフリー、卵、バター、牛乳、白砂糖なし。本を見ながらチャレンジしてくれた。

最初は焦げ焦げ、膨らまぬ…凹む彼女。
しかし果敢に二度目に挑む。

成功!!ふんわり出来た。
そして豆腐のココアクリームをのせる。

美味しかった。そりゃーそりゃー美味しかった。
ありがとう。もう誕生日で喜ぶ歳ではないけれど、本当に嬉しかったよ。

c0296894_23140131.jpg







O'


[PR]
# by yao-blog1 | 2017-09-16 00:00 | 日々 | Trackback | Comments(0)

買い物を済ませ、駐車場に戻ってふと振り返ると、虹!
それも二重‼

c0296894_21142094.jpg

c0296894_21144338.jpg

写真を撮ってからしばらく見上げ続ける。
それから反対の空を見ると、雲が美しい。

c0296894_21183128.jpg

その後、すごい夕焼け。

c0296894_21194471.jpg

川面に映る色。

c0296894_21201668.jpg

c0296894_21210622.jpg

c0296894_21212937.jpg

またもやしばらく見入る。
周りの景色も夕焼け色。

帰宅の車窓にはもう薄闇。

非日常にはまりこんだ黄昏時でした。美しい。




O'




[PR]
# by yao-blog1 | 2017-09-13 00:00 | ちょいと一息 | Trackback | Comments(0)

修学旅行

毎日学校や塾の課題に追われる娘。
忙しい中、学校行事も盛りだくさん。
そして今日から修学旅行に出掛けて行った。
お決まりの京都・奈良。あーー私も行きたい‼

娘が不在の部屋はさみしいが、じーじばーばのお世話があるおかげで旅行前に想像していたよりはマシな私。そんな自分にひと安心。子離れできない親にはならないぞ!とちょっと自信。

…でもやっぱり早く帰って来ないかなぁ~母は待っとります。

娘、画↓↓↓
c0296894_22140043.jpg




O'



[PR]
# by yao-blog1 | 2017-09-12 00:00 | おもうこと | Trackback | Comments(0)

秋のかおり

母が背骨の圧迫骨折をして、父の見守りと共に家事を一手に引き受けることになった8月。
日々ドタバタ。
仕事、休憩中に一時帰宅してまた仕事、娘の塾の送り迎え、もちろん炊事洗濯、休みの日は母の通院などなど…

時間は無いし体はシンドイが、今まで自由にさせてもらっていた分ちょっとだけ親孝行な気分を味わい、なんだか良い感じ。自己満足。

そんな日々のヒトコマ、洗濯物を取り込んでいる時、ふっと香る甘い香り。
「あれ?銀木犀咲いてる?」

c0296894_20360153.jpg

c0296894_20362625.jpg

可愛らしいほの白い小さな花々からゆたかな香りが漂う。もう秋だった。9月だもんね。


母が育てていた鉢の無花果は、母が動けなくなってからしばらく放置してしまい葉が全部落ちてしまった。慌てて水やりしたが、さすがにもう枯れちゃうのかなぁと思っていたら、枝の先から新葉が!
嬉しい。
そして枯れて落ちた葉は、なんだか良い香り。

c0296894_20370221.jpg


それからまだまだ頑張る朝顔。

c0296894_20372620.jpg

このニラ?の花も可愛らしい。

c0296894_20380336.jpg


秋の庭で心和む。

おかげ様で母の骨折の痛みはひいてきたようだ。これからは引き続き栄養面に気をつけて、お日さまにあたって、ゆっくりゆっくりお散歩程度から取り組んでもらおう。





O'

[PR]
# by yao-blog1 | 2017-09-11 00:00 | 日々 | Trackback | Comments(0)

娘のこと

受験生の娘。

友人から誘われ「無料入塾体験行ってもいい?」と。受験に向けてどう勉強させたら良いかと迷っていたところだったので、渡りに舟!とばかりに承知した。

そのまま、まんまと入塾させてみたら、まぁなんと宿題と課題の多いことか…そしてかなり講師が厳しいらしい。うーむ、娘はついていけるのか…失敗したか…

しかし意外にもなんとかかんとか頑張る娘。量をこなすことに慣れていないのもあり夜中までかかることもあるので、しんどくないかと訊くと「思ったより楽しい」そうだ。
そして「他の子も夜中までやってるんだって」というから驚き。私、そんなに受験勉強した記憶…無い。それほどまでに勉強しなきゃならないのか???と疑問もわいてしまうが、本人が辛くないなら見守るしかない。

そんな中で、ピアノの発表会があった。
仲良しの友達との連弾「スワニー」はそれはそれは楽しくリズミカルに。ソロの「アラベスク」は、睡眠不足がたたってかミスタッチが多いながらも、途切れずに自分なりにイメージを持って弾けていた。先生にも「ちゃんと歌わせられていましたよ」と言ってもらえた。

すごいなぁと感心。私だったらあんな風に勉強と両立させることは出来ていなかった、おどりのほうを頑張っちゃってたなぁと思う。

ピアノは、幼稚園の頃に自分からやりたい!と言い出したことなので続いているのだろうけれど、それにしても。
もちろんピアニストになろうというほどの気はまったくもってないけれども、気持ちを込めて弾くことができるまでになった姿を見ると、金銭的に厳しくても続けさせて良かったなと思う。

好きなことを続けられることのありがたさは私自身も身にしみている。だからこそ娘にもさせてあげたい。少々休んだりしながらでも続けられるように。なにより私が、娘のピアノを聴くのが好きだから。

さて、入試までまだまだある。息切れしないように?息切れしながらも?なんとか乗り越えていけるように母は応援致しますよ。
そして高校入学できたら、好きなことにもまた没頭してほしいなぁ、と思う。


友達と連弾の自主練中↓↓↓
c0296894_08283942.jpg





O'

[PR]
# by yao-blog1 | 2017-07-31 00:00 | 日々 | Trackback | Comments(0)