小径を辿る

yaoblog1.exblog.jp

おどりなどその他いろいろ、ゆきつもどりつ・・・ O’

旅のはなし〜その五

☆中島

夜のフェリーの受付に間に合い、乗り場の売店でお土産を買う。
売店のおばちゃん、バーコードとかそういう現代的なのじゃなく、電卓とそろばんでゆるゆると、いやいや乗船のアナウンスが聞こえた時はさすがに焦った感じで計算と袋詰めしてくれる。
いいなぁそんな感じ。
c0296894_21501883.jpg

c0296894_21505028.jpg

夜の瀬戸内を船で渡る。残すはあとひとつ、という高揚感もあってか?元気で賑やかな船の甲板。ぽつぽつと輝く島々の灯りが海面に揺らめいて。

大浦港に到着し、宿へ。夕飯は、ウェルカムドリンクの新鮮なみかんジュースに始まり、お魚づくしの温かいお料理。

明くる朝、窓を開けるとみかん畑。そして町のスピーカーから流れる放送は、地域に根ざした農協さんから?のお呼び出し??
c0296894_21512415.jpg
(写真を拝借)
最後の場となる、島の文化センターは立派な建物。舞台は少々横平ったい。それ仕様の構成に調整したりの場当たり。
舞監さんは照明の仕込みが大変そう。

本番は、私としては思い切り、しかしこの旅一番冷静におどれた、と思う。

良かった、とホッとするも束の間、帰りの飛行機に間に合うようにフェリーに乗らねば!とまたまたドタバタの片付け帰り支度、もう一泊する皆にお先に失礼の挨拶もそこそこに、早帰りチームは港へ。

はぁ間に合った。船に乗る。
船からみる島。やっと振り返る。
もっとゆっくりみてまわりたかったなぁ中島。木になっているみかんにさわりたかったなぁ。
それにしても島々の間に沈んでゆこうとする夕陽、きれいだった。
c0296894_21531329.jpg

c0296894_21532615.jpg

空港までのタクシーの車窓からでっっっかい夕陽!!旅のご褒美。

空港でお土産買いあさる!とりあえず職場と娘の学校のクラスの子にと数を数えながら、その他いろいろな人に購入…大変。
お土産だけで大荷物。

飛行機に乗り込む。空の上、仲間とあれこれ旅を振り返りながらおしゃべりしてると、あっという間に羽田空港。
そこで早帰りチームとも別れを告げ、母娘は最寄駅までのリムジンバスに乗る。

はぁ〜ひと息つく。バスに揺られながらさらに振り返る。
淡路と四国はどこも美しくて良いところだった。天候にも恵まれ、美味しく新鮮なものをいただき、いつの日かお遍路さんをしてみたい、と思った。もちろんうどんの食べ歩きもしたいなぁ。

そんなことを考えながら夜中に帰郷、地元は寒かった。



旅…めんどくさがりの私、あまり旅好きではない。
なのになんの因果かこの2〜3年は毎年秋頃おどりながら旅に連れていってもらっている。特に今回は最初から最後まで10日間フル参加…長かった〜。

旅は大変。
でも旅はいろんなことを感じさせてくれ、考えさせてくれる。
最近気づいたのは、旅のたのしみ?って、旅先の土地土地の良さを堪能することの他に、その後々にその土地の名を聞いたり、名産品などから親しみを感じ、風景や出来事を思い出したりする二次的なたのしみ方もあるんだなぁ〜と。
そうなると、めんどくさがりでも旅はなかなかいいものだと思えてくる。

さぁさぁつぎはどこに行けるのかな。






O'
トラックバックURL : https://yaoblog1.exblog.jp/tb/22888160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yao-blog1 | 2014-10-10 00:00 | ちょいと一息 | Trackback | Comments(0)

おどりなどその他いろいろ、ゆきつもどりつ・・・ O’


by O’