小径を辿る

yaoblog1.exblog.jp

おどりなどその他いろいろ、ゆきつもどりつ・・・ O’

子どもたち

日々子どもたちから力をもらってる。

なんだか落ち込みそうになった時、子どもたちの力で目が覚める。なんて自分勝手に落ちてるんだ、と。

職場の子どもたち。
赤ちゃんから成長して彼らの言いたいことをどんどん表現できるようになって…まずそれもスゴイことであるし、こちらの話がスムースに伝わるようになり、言語であったり言語ではなかったりだか会話が成り立つようになり…
なんだかとても嬉しい。

彼らの言いたいことがわかるようになってきた自分も嬉しい。私も受け止める力が少しはついてきたのかな、と。

娘と、その友だちの様子を見ていても微笑ましい。思春期の第一歩、もう児童ではなくなる年齢に成長しても、なんだか素直さをのこしている12歳たち。

そんな12年を、近くで見てこられた自分が嬉しい。

娘も同じく。
小さい頃は毎日泣いていた。集団生活の疲れ等気持ちを整理するためのようだったけど、だんだん回数がすくなくなってきて…
でも昨夜もポロポロと泣き出した。
「やらなければならないことを延ばし延ばしにして結局やらなかった。そういう自分が悪いってわかってる」
やっぱり変わらず泣いて気持ちをリセットするんだなぁ、と同時に、そんな風に考えて泣くんだなぁそんな風に考えられるようになったんだなぁ、としみじみ。

娘と一緒に生きてこられたこと。有難い、と素直に思える自分が嬉しい。


そんな子どもたちの姿に出会うたびに大きな大きな力をもらってる。

c0296894_21402314.jpg





O'
トラックバックURL : https://yaoblog1.exblog.jp/tb/23241924
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yao-blog1 | 2014-12-22 00:00 | おもうこと | Trackback | Comments(0)

おどりなどその他いろいろ、ゆきつもどりつ・・・ O’


by O’