小径を辿る

yaoblog1.exblog.jp

おどりなどその他いろいろ、ゆきつもどりつ・・・ O’

デトックス?

4月初旬からの体調不良、まぁ長引いて長引いてホントに治るのかしらと危ぶむほどだったけれど、やっと落ち着いてきた。

喉の痛みから始まり、多量の鼻水、咳、何年ぶりかの高熱、気管支が苦しくなり、胸がゼーゼー、副鼻腔炎からたぶん中耳炎も。

最初は久々の発熱を喜ぶだけだったが、1週間過ぎてもスッキリするどころか少し悪化したり良くなったりを繰り返し…熱も上がったり下がったりで、少し調子が良いからと仕事に出ても体がついて行かず、片頭痛発作も誘発されまた休むような有り様。

保険証はちょうど切り替え時で手元になく、後から還付があるとしても受診時には十割負担!!に恐れをなし受診出来ず。

もうこうなったら自力で治そう!と腹を決め、とにかく体を休めレメディを口に放り込む。
寝汗を大量にかき、その分の水分補給を繰り返す。毛穴という毛穴から目から鼻から口から何ものかが出ていた気がする。

その間、子どもたちのダンス発表会があったりで気合いで外出するも、その後またダウン。

周りは若葉が芽吹き、桜も咲き、山は春の色に染まる美しい時期に、あたしゃ毒を排出中。
出したねぇ~何年分の毒でしょう?
まだ出しきってはいないようではあるが、かなりスッキリ。

そして久~しぶりにカットしに馴染みの美容院へ。同い年の美容師さんと話してると、同時期に同じ症状にみまわれたとのこと。さらにその美容師さんの同級生も同時期同症状の不調で治らないと困っていたというから、何のシンクロ!?と大盛り上がり!
……ま、よく考えればその症状の風邪が流行っていて、ただ同年代の婦人が治りが遅いということなのかもしれないけど、それにしても話が盛り上がりました。

今回、保険証切れ時に不調というバッドタイミングではあったけれど、むしろそのおかげで、時間はかかったけど自力で治せる体力はまだあるんだと自覚できてよかったのかも。

それに、非常勤の保険証切れ期間の長さについて、あまりにも長くて負担が大きすぎる、ひいては非常勤の待遇について周りの方々が疑問に思い動いてくれたことも有り難い“怪我の巧妙”だった。昔に比べたら良くなっているとはいえ、まだまだ使い捨て感が拭い去れない非常勤の扱い。
それでも現場である職場の正規職員の方々は本当に良くしてくれるし働きやすい環境にしようとしてくれている。有難い。
もちろん私達非常勤職員も、責任を持って仕事にのぞむ。なによりも子どもたちを目の前にすると一生懸命にならざるを得ない。
そんなことごとを再認識できた“春のデトックス”だった、かな。
c0296894_22054673.jpeg




O'


トラックバックURL : https://yaoblog1.exblog.jp/tb/25565675
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yao-blog1 | 2016-05-01 00:00 | おもうこと | Trackback | Comments(0)

おどりなどその他いろいろ、ゆきつもどりつ・・・ O’


by O’